【今更聞けないSNS広告の基礎】Twitter動画広告って何が良いの?

はじめに

Twitterは短文でつぶやくツールとしてスタートし、情報をどんどん配信したい人に好まれた一方、文字だけ、しかも長文で伝えられないから使いにくいという向きもありました。
ですが、今では文字によるつぶやきだけでなく、画像や動画の配信も盛んになっています。
Twitterでは企業の広告配信も積極的にサポートしていますが、Twitterで広告の効果を発揮させるには、Twitterならではの機能を使い、ユーザーとのコミュニケーションを活発にすることがポイントです。

Twitterの媒体特徴

Twitterでは企業のメッセージを届ける対象を増やし、既存の顧客や新しい顧客とつながりを深めていくことで販促や認知度アップが期待できる媒体です。
Twitter広告による目的別のキャンペーンの活用もできます。
サイト訪問数の増加やブランド認知度の向上まで、企業ごとにビジネス目標に即したキャンペーンを立ち上げることができます。
キャンペーンを通じてユーザーに働きかけ、ビジネスにプラスの効果が出るようTwitterがサポートしてくれるシステムです。
Twitter広告を使ってプロモーションしたい場合には、ターゲティング機能が利用できます。
特定の興味を持つ人などターゲット層を絞って自社の商品やサービスの魅力をアピールが可能なので、効果的な宣伝ができます。
自由自在に設定可能なターゲティングオプションを使うことで、適切なユーザーに広告を表示することができるためです。
思うような成果が出ないのであれば、ターゲットの範囲を広げることもできます。
動画広告の運用が成果を上げているかを分析するために、Twitterでは無料の分析ツール「アナリティクス」を用意してくれています。
広告のインプレッション数(広告表示回数)や結果データ、結果などのコストをキャンペーン目的ごとにモニタリングができ、広告キャンペーンの分析や評価、戦略の見直しによる最適化が可能です。
Twitter Japanはビジネスのサポート体制も充実しており、スタッフによるTwitterビジネス活用セミナーを無料で開催しています。
東京と大阪は毎月、福岡は隔月で開催しており、これまでに全国延べ8000名以上が参加しました。
スタッフが直接Twitterの活用方法をガイドしてくれ、それぞれのビジネス目標を達成するためにすぐに使えるTwitterの活用・運用方法を教えてくれます。
さらに低コストで手軽に目標達成の手段を提供するTwitter広告の始め方や投資価値についてカジュアルなスタイルでアドバイスしてくれます。
サービス開始から13年あまりが経過し、Twitterでもユーザー層や使われ方に大きな変化が生じました。
その現状を明らかにするとともに、ビジネスに役立つ便利な最新機能を案内してくれるのが魅力です。

Twitter広告の料金形式

Twitterに動画広告を投稿しても、それだけでは料金は発生しません。
費用は広告がクリックされた分だけなので、低コストで運用ができます。
低コストで始めやすく、簡単な操作や無料のツール、スタッフによる充実のサポート体制で、動画広告未経験の方も今すぐ安心して始められます。

こんな場合はTwitterの動画広告がオススメ

Twitterの動画広告はあらゆる業種で活用が可能ですが、オススメなのは顧客とのコミュニケーションを積極的に図ることが販促や商品開発、企業の認知度アップやブランドイメージアップにつなげられるケースです。
どんな活用事例があるか、実際のケースをご紹介します。
教えたい人と学びたい人をつなぐスキルシェアサービスや、担当者の個性を生かしたツイートで話題を集めているタクシー会社はサービスの利用者増加に成功しています。
チャットツールとの連携でフォロワーからのアクションに素早く反応するIoTプロダクトの開発会社では、コミュニケーションが商品開発にも役立ち、その亜やりとりを見ていたユーザーの購入意欲を高めることに成功しました。
そのほか、アンケート機能を商品開発に活用するECサイトやファンとのコミュニケーションを大切にするゲームソフト開発会社、写真メインの投稿を行う写真・動画コンテンツ提供サービス企業、ユニークなキャンペーンの数々で注目を集め集客に成功している外食チェーン店、イベントに連動させた自社商品に関するツイートで販促に成功した食品メーカー、軽快なやりとりでファンを獲得しているデジタル家電専門店、ひと手間加えたリプライでユーザーの心を掴んだ老舗茶屋、投票機能や積極的なリプライを通じてチームでアカウントを運用する海外寝具ブランド、予算と手間をかけずにクイックプロモート&オートプロモートで成長を遂げてきた靴ひもメーカーなどがあります。

まとめ

Twitterは企業の情報を一方的に配信するだけでなく、ユーザーとのコミュニケーションを活用した広告の配信ができる媒体です。
企業が広告を出すためのビジネスサポートも充実しており、クリック成果が出た場合だけの費用で済むのも魅力です。