【今更聞けない動画広告の基礎】6秒で終わる!?バンパー広告とは?

はじめに

ネットのサイトやオンラインショップなどへの掲載をはじめ、街中やタクシー内などさまざまな場面で見る機会が増えてきた動画広告ですが、実はさまざまなタイプがあります。
ユーザーとして見る機会も多い動画広告について、あの配信スタイルが気になるという方もいるのではないでしょうか。
ここではよくあるパターンでありながら、その名称を知らない方も多いバンパー広告についてご紹介します。

バンパー広告とは

バンパー広告と言われても、ピンと来ない方が多いかもしれません。
ですが、YouTubeなどの動画を見る際やネットの動画ニュースなどを見る際に最初に流れる動画、しかもスキップできない動画と言われれば、あれかとイメージが付くのではないでしょうか。
見たい動画やニュース動画の前に配信される、宣伝目的の動画の中には興味がなければスキップできるタイプのものもあります。
ですが、バンパー広告はスキップができないタイプであり、通常、6秒程度の短時間で配信されます。
スキップができないタイプの動画広告は15秒程度から30秒と長いものが多いのに対し、バンパー広告はすぐに終わる代わりにスキップができず、ユーザーが必ず見ることになるスタイルです。

バンパー広告のメリット

スキップできるタイプの動画広告の場合、その長さを問わず、最初の数秒でスキップされてしまうケースがほとんどです。
ユーザーはその後に展開される動画が見たくて検索していたり、ニュースを見たいと動画を再生したりしているため、早く本編に入りたい心理が働くためです。
一方、バンパー広告はその動画広告を見ない限りは、本当に見たい動画に進めません。
仕方なくとはいえ、見ることになるので多くの人に宣伝ができます。
しかも、短時間で終わるため、見たい動画の最初を見逃さまいと、見たくない広告もしっかり見てしまうケースが少なくありません。
短時間で集中的にインパクトのある宣伝ができれば、印象も残しやすくなります。

バンパー広告のデメリット

では、デメリットはどんなものがあるでしょうか。
1つには、あらゆる動画に広告を設定してしまった場合、ユーザーが見たいと思う動画を再生しようとするたびに邪魔が入るので不快感を与えることがあります。
見たい動画があるのに、またこの広告に邪魔されたとか、またこの宣伝かとあきれられてしまうケースもあるのがデメリットです。
もっとも、配信する動画の種類などを選定することでこのデメリットは減らせます。
重要なデメリットと言えば、たった6秒という短時間なので、宣伝内容をしっかりと検討しないと何を伝えたかったのかわからなくなることです。
長い説明をしないとわかりにくいサービスなどには向いていません。
企業名や商品名、ブランド名の知名度アップに利用するか、続きはこちらとホームページなどにリンクさせるような工夫をするのがおすすめです。

バンパー広告を制作するときのポイント

わずか6秒という短い時間ですので、多くの事柄を伝えることはできません。
そのため、1点集中型で制作するのがポイントです。
例えば、商品の宣伝をしたいとき、その商品には伝えたい3つの魅力があったとしても、1つに絞り込むか、1つに絞り込んだうえで3種類用意するといった方法で制作するのがおすすめです。
あれもこれもと盛り込むことがそもそもできないですし、無理やり入れ込んでも尻切れトンボになってしまったり、何だかわからないうちに終わったりしてしまいます。
シンプルな目的に集中し、商品名やブランド名、企業名など宣伝したい内容を画面いっぱいに出す、連呼する、イメージキャラクターなどをうまく活用するのがおすすめです。
また、たった6秒ですので、その短時間で印象を残せるようインパクトを与えるような内容にするのがポイントです。
頭に残るような音楽を流す、風変わりなアニメーションを流すなどして記憶に残しながら、短いフレーズのシンプルなメッセージで宣伝の目的を告げるというのがおすすめです。
また、ユーザーは広告の後に流れる動画を見たくて再生していることを意識し、「何の動画見るの?」などとアニメーションキャラクターやタレントさんが話しかけるような構成は、ユーザー受けをよくする効果が期待できます。
短いからこそシリーズ化してしまう、という方法も宣伝効果を高める1つです。
一定期間ごとに話がつながる動画を配信していくといったスタイルは、ユーザーが続きが気になったり、今度はどんな広告が出るのかと話題にしてくれたりする効果も期待でき、より宣伝効果を高めることができます。

まとめ

バンパー広告とはユーザーが見たい動画の前に流れる、スキップができない動画広告です。
スキップできないので、多くの方にアプローチが可能となるメリットがあります。
ただし、スキップができない分、6秒といった短時間で構成されます。
そのため、シンプルな内容で集中的なアピールにするのが制作のポイントです。