【今更聞けない動画広告の基礎】プリロール型動画広告とは?

はじめに

現在動画広告は注目されており、たくさんの企業が取り入れています。
そのため動画広告の種類も増えてきており、何を選べば良いかと迷うでしょう。
ここではプリロール広告についての、メリットやデメリットをはじめ特徴を紹介します。
プリロール広告はどんなときに活用できるのかと知ることで、自社によって良い方向に導けるでしょう。

プリロール広告とは

プリロール広告とは、動画コンテンツを再生している際に流れる広告のことです。
動画コンテンツを視聴する前に流れる広告、再生後に流れる広告、もしくは動画視聴中に途中で流れる広告とあります。
ある程度時間が過ぎればスキップできる広告もあれば、広告を最後まで見終わらないと動画コンテンツが見られないという広告もあります。
スキップできる広告をスキッパブル広告、スキップできない広告をノンスキッパブル広告と呼んでいます。
YouTubeやニコニコ動画をはじめとして、各媒体で使用される機会が増えています。
テレビ番組がはじまる前、途中、終わりにコマーシャルが流れますが、動画コンテンツを見る際も同様にプリロール広告が流れると考えるとわかりやすいです。

プリロール広告のメリット

プリロール広告ですが、途中でスキップされた場合は課金されません。
スキッパブル広告の場合に限りますが、たくさんの方に見られたとしてもどんどん課金されるということではありません。
スキップされた、ブラウザが閉じられたといった状況では課金されないため、本当に見てほしいユーザーが視聴した際のみ課金されるというメリットがあります。
たくさんの人の中から、どれだけの人が最後まで見てくれるだろうか、興味を持ってくれるだろうかと不明瞭の際もメリットを生かすことができます。
無駄な投資をしたくない、限られた予算内で動画広告を活用したいという方にも向いています。

プリロール広告のデメリット

続いてデメリットは、最後まで見てもらえないことが多いということです。
動画コンテンツを見たいという気持ちが焦り、スキップできる状態になればスキップしてしまうユーザーも多いです。
焦る気持ちをいかに抑え、そしてプリロール広告に注目されるかが重要になります。
ある程度知名度があるものや、多くの人が興味を示しやすい内容であれば最後まで見てもらえるかもしれません。
しかしこれまであまり見たことがないものなど、パッと興味を持ってもらいにくい内容であればスキップされてしまいます。
最後まで見なければ課金されないとはいえ、スキップばかりされているとユーザーを捕まえられないというデメリットがあります。

プリロール広告を利用できる媒体

動画コンテンツを配信する媒体で、プリロール広告は利用できます。
YouTube、ニコニコ動画、Ustream、デイリーモーションなどさまざまな媒体で利用できるようになってきました。
今後もっと増える可能性は十分あります。
多くの人に見てもらいたいと考えた場合、YouTubeをはじめとして有名な動画コンテンツ媒体を利用すると良いでしょう。

プリロール広告で動画広告を使うときのポイント

プリロール広告で動画広告を使うときのポイントですが、最後まで見てもらうことが大切です。
スキップされなければ課金されない、無駄に投資する必要がないと考えることはできますが、ほとんどの人にスキップされてしまうと動画広告を使う意味がなくなります。
大手企業の広告、若い世代から年配世代までなじみがある有名な広告など、最後まで見てもらいやすい広告があります。
しかし普段見慣れない場合は、なかなか最後まで見てもらえないでしょう。
最後まで見てもらえるように、パッと見てわかりやすい内容にすることが大切です。
スキップされるまでの間に数秒間ありますが、その数秒間の間にいかに興味を持ってもらうか考える必要があります。
難しい説明はせず、視覚で訴えるなど多くの人が見て理解しやすいか考えましょう。
今まで見たことがない分野でも、内容が面白ければスキップされにくいです。
笑いを引きつけたり、どうなるのだろうかとワクワク感を持たせたりするなどできることがあります。
あわせて短い広告の方がスキップされにくいです。
動画の時間が少なかったから、スキップしなくても良いと思ったと最後まで見てもらえるケースがあります。
パット見てわかりやすく、そして内容は短めに、ワクワク感を持たせるなど多方面から見て魅力なプリロール広告を作成しましょう。

まとめ

プリロール広告は、今後も増える傾向があります。
動画コンテンツを利用するユーザーが増加していることから、見てもらえる可能性も広がっています。
いかにスキップされないように、最後までに見てもらえるように工夫するかが成功させる秘訣です。
最後まで見なければ課金されないというメリットもあります。
メリットをうまく生かしてプリロール広告を成功させましょう。