動画マーケティングとは?活用目的とメリット、動画制作のポイントをご紹介!

企業のマーケティング分野では、すでに動画制作は必要不可欠な要素の1つになっています。
注目を集めやすいメディアで動画を公開することで、認知を広げ、ブランディングや売上アップにつなげることも期待できるでしょう。
今回は、企業が動画制作に取り組むメリットやデメリット、活用する目的などについて詳しく解説します。

今なぜ動画マーケティングが注目されるのか

まず、近年急激に注目を集める動画マーケティングの実態についてまとめておきましょう。
サイバーエージェントによる調査では、2018年の動画広告市場は1,843億円に達し、特にスマートフォンにおける動画広告需要は市場全体の85%にも及びます。
2020年に2,900億円、2022年に4,187億円、2024年に4,957億円という見込みも出ており、動画マーケティングの勢いは留まるところを知りません。
この数値からもわかるように、動画マーケティングがここまで注目されるようになった理由は、スマートフォン市場の急速な拡大にほかなりません。
そしてその使われ方も多様化し、SNSを通じたユーザー同士のコミュニケーションに留まらず、企業とユーザー間でも動画によるコミュニケーションが生まれたことが重要なポイントでしょう。

目的達成のためのアプローチ法3点

企業が動画マーケティングを活用すべき理由は、目的の実現に動画マーケティングの手法が絶妙にマッチするためです。
どのような動画であれ、制作する際に最も大切なのはその目的です。
例えば、企業であれば、自社名を知ってもらいたい、商品やサービスを知ってもらいたいといった目的も多いでしょう。
動画制作はそうした目的に応じてアプローチ法を考えていく必要がありますが、いずれにしても成果を得るのに非常に適した手法と言えます。
それでは、企業で比較的多く見られる目的別に、効果的なアプローチ法とそのポイントを3つ紹介しましょう。

・認知度アップを目的とした場合

企業が自社商品やサービス、もしくは自社名を広く認知してもらいたい場合、トレンドを取り込むのはとてもよく使われる手法です。
例えば、話題のタレントや芸人とコラボする方法は日常的に行われていますし、画面を見たときに一瞬で目を惹く動画作りができます。
また近年人気が高いのは、まるで広告ではないようなストーリー仕立てて動画を制作することです。
広告だと悟られると敬遠されるケースがありますが、ストーリーを作ることで見る側が受け入れやすく、ブランドイメージを上げることが可能となります。

・商品やサービスの理解を深めたい場合

一見して使い方や長所が伝わりにくい商品やサービスの場合、動画で理解を促すことで魅力を伝える手法です。
この場合何かに例えて説明するのが有効で、動画の利点を活かし、動きによる表現でわかりにくい部分を解説します。
ナレーションを組み合わせると非常にわかりやすくなり、視聴者が自分にとってのメリットを理解することで、購買意欲につなげることができます。
例えば、金融機関の申し込み手続きなどは複雑ですが、アニメーションなどを駆使することでわかりやすく解説することが可能です。

・ブランドや商品のファンを作りたい場合

ファンになってもらう、シンパになってもらうというのは、企業名や商品名の認知とはまた別の目的となります。
この手法で近年人気が高いのはアニメーションの採用で、自由度が高く非現実な演出も可能な点が高く評価されています。
アニメーションは親しみやすく、見るハードルを低くできる点や、低予算での制作が可能な点がクライアント側のメリットです。
それだけにハイブランドにはあまり向かない手法ですが、合致すれば高い効果を発揮するでしょう。
企業のホームページやSNSや動画配信サイトでの広告などさまざまな媒体とそれぞれのターゲットがありますので、目的にマッチする媒体選びも重要です。

企業が動画マーケティングに取り組むメリットとは

今これだけ多くの企業が動画マーケティングに取り組む理由は、そこに大きなメリットがあるからです。
ただやはり動画なら何でも良いわけではなく、メリットを理解したうえで活用することが重要なのは言うまでもありません。
それでは主なメリットについてまとめてみましょう。

メリット1:情報伝達力の高さ

文章を読む場合、人が情報を得るまでに能動的な作業を必要とする分、伝達スピードが遅くなります。
それに対し、動画は流れるだけで勝手に情報が入ってくるため、見る側は何の労力もなくスピーディに受け取ることができます。
完全に受動的なため、たとえ興味を持っていない段階でも情報に触れる機会を作ることも可能です。
結果的に商品やサービスの魅力が伝わり、購買意欲につなげやすいメリットが生まれます。

メリット2:商品やサービスへの理解・コンバージョン率のアップ

動画の中には、視覚的情報と聴覚的情報の2つが含まれます。
人間の五感の中でトップを占めるこの2つの感覚を刺激することで、商品やサービスの理解を促し、動きによる訴求力アップも得ることができます。
解説が難しい商材でも、より深く魅力を理解してもらうことができるのがメリットです。

メリット3:SEO効果

動画広告はスマートフォンやタブレット端末との親和性が高く、今や主要メディアとなりつつあるカテゴリで大きな話題性を生むことができます。
動画広告が話題になるとGoogleの検索結果に動画が表示される可能性が高くなり、そこからのSEO効果を期待することもできます。
ただこれだけメリットのある動画マーケティングの威力を知っていながら、なかなか制作に踏み出せない企業も少なくありません。
その理由の多くは、時間とコストがかかりすぎるのではという懸念です。
社内に動画制作ができる人材がいないという企業もあるでしょう。
ただこれらの課題は、適切なアウトソーシングで解決できる問題でもあります。
近年、動画制作を専門に行う制作会社も増え、業界内での競争率が上がっているためコストも圧縮されつつある傾向です。
当然、企画力や技術力の高い信頼の置ける制作会社を選ぶ必要がありますが、比較検討してみる価値は十分にあるでしょう。

動画を制作する際のポイント3点

それでは成功する動画マーケティングのために、動画制作のポイントを3つ紹介します。

・最初の5秒が勝負

例えば、YouTubeでユーザーが興味のない動画をスキップするまでの時間は、わずか数秒です。
当然YouTubeには素人動画も混在するため特に短くなる傾向が強いですが、やはり肝心なのは最初の5秒で目を惹きつけることです。
無意識のうちに見続けてしまうような動画が作れれば、おそらくその動画マーケティングは成功するでしょう。
はじめに印象的なフレーズを入れる、トレンドの人物が登場する、キャラクターを起用するなど、ユーザーの心を掴む仕掛けが必要です。

・途中までで理解させる

Web動画の利点は、TVCMのように時間制限がないことです。
ただ、長い動画を作ってもユーザーによって飛ばされやすく、最後までしっかり見てもらえる確率はかなり低いと言わざるを得ません。
そのため、伝えたい内容は最後まで見なくてもわかるように、まとめて紹介することが重要です。
たとえ途中で飛ばされても目的が達成できるように作ることがポイントです。

・WebとCMは異なること理解する

Web動画はCMのように見せられるものではありません。
ユーザーが受動的なのは目に入って来た瞬間だけで、後は自らが能動的に視聴するものです。
つまりどれだけ興味のある動画を作れるかがポイントになります。
同時に単なる面白い動画ではなく広告である必要があるため、広告を見てもらうための施策が重要です。

まとめ

動画の活用シーンは、商品やサービスの説明、企業PR、営業ツールなどさまざまです。
制作する際にはどのようなシーンで活用するかをあらかじめ想定し、効果的に仕上げる技術が必要です。
動画マーケティングのメリットを理解し、制作知識を持ってぜひ取り組んでください。