動画制作にかかる一般的な費用相場を紹介します!

動画は視聴するだけでなく作って公開する人もたくさんいるほど、とても身近な存在になりました。
そんな誰でも気軽に作れる動画ですが、訴求目的があり、クオリティを意識した動画を作る場合はやはりプロの動画制作会社へ依頼する必要があります。
外注するには費用が発生しますが、制作会社ごとに料金設定が異なるためなかなか比較しにくいでしょう。
そんなときに参考になるよう、ここでは一般的な費用相場を紹介します。

動画はジャンル別に相場がある

動画と一言に言っても、実は色々なジャンルに分けることができます。
それぞれ相場も変わってきますので、まずは一般的な3種類のジャンルの相場を見てみましょう。

まず会社や店舗を紹介する動画ですが、こちらの相場は50~150万円が主流です。
そしてCGやアニメーションは30~100万円、そして最後にTVCMが100~300万円です。

動画は長さや内容で大きく金額が変わりますし、撮影方法や編集方法でも大きく変動します。
わかりやすいのは出演する人の人数が多い場合で、一人ひとりの人件費を考えても高くなるのは納得でしょう。
また、最近人気のドローンを使った特殊な撮影や特殊なエフェクトを使用した編集などはすべて費用に反映されます。
CGやアニメーション動画は一昔前よりはリーズナブルになりましたが、キャラクターデザインやクオリティ、世界観などで費用は大きく変わります。

動画制作の内訳は2種類

動画制作費用を理解するためには、人件費と機材費の2つから考えると、とてもわかりやすくなります。
ここにもそれぞれ相場があり、人件費は30~100万円、機材費は10~50万円が相場です。

人件費と聞くと出演者の費用のような気がしますが、実際には携わる制作スタッフの人数がそのままかかってきます。
プロデューサーやディレクター、構成作家のほか、撮影を担当するカメラマンや編集するスタッフの人件費が主なベースとなります。
ほかにもナレーションを入れる場合はナレーターが必要ですし、モデルや演者を起用するならその人件費と、ヘアメイクやスタイリストも人件費にプラスされます。
動画はとてもたくさんの人の手で作られるものですので、その一人ひとりに費用がかかると理解すれば良いでしょう。

次に機材費ですが、カメラ1つとっても業務用から放送用、映画にも使われるデジタルシネマカメラなどがあります。
さらにそれぞれグレードがありますので、それぞれに応じて機材費も上がる仕組みです。

制作費用の内訳を知ろう

動画制作の費用の仕組みを詳しく知るには、制作工程における単価相場を知る必要があります。
会社によって設定は異なりますが、主に以下のようになっています。

企画構成・ディレクション

最初に全体の構成を考えて、それをもとに演出を決めるのがディレクションです。
企画構成の相場は3~15万円、ディレクションの相場は5~25万円です。

台本

シナリオを書く構成作家の人件費ですが、発生するケースとしないケースがあります。
相場は5~10万円です。

撮影

カメラマンや照明、音声、アシスタントなどスタッフ全員の人件費と機材費が含まれます。
現場が遠い場合は主張費も発生します。
10~50万円が相場です。

編集

撮影データにエフェクトやテロップなどを入れ、動画作品としてまとめる作業費用です。
編集スタッフの人件費で、5~25万円が相場です。

音響効果

効果音や音楽は公開されている音源を使用する場合と、オリジナルで作成する場合があります。
オリジナルなら高くなりますので、相場は3~15万円と幅があります。

ナレーション

ナレーションを入れる場合、ナレーターの人件費とスタジオのレンタル料で相場は3~10万円となります。

これらの項目は内容によって必要な場合に発生し、動画の長さやクオリティによっても費用が大きく変動します。

動画のカテゴリでも費用相場は変わる

動画は使用目的によってカテゴリに分けることができます。
主なカテゴリ別に相場を見ていくと、会社や店舗紹介では50万円から、Webサービスでは30万円からが相場となっています。

近年は学校や企業の求人動画のニーズも多く、相場は40万円程度になっています。
いずれも顧客や面接希望者など、訴求したい相手に見てもらってこちらの魅力を知ってもらうことが目的です。
一昔前はパンフレットが主流でしたが、静止画や文章よりも、見て直観的に理解できる紹介動画の方が圧倒的に効果を得ることができるでしょう。
例えば、会社で働く社員の活躍が動画として映し出されることで、その会社に対する良いイメージを持ちやすくなるでしょう。
店舗なら写真や文章以上に、伝えたい雰囲気やスタッフの人柄、商品の魅力を視聴者が具体的に思い浮かべることができます。

その他、とても増えているのがWebサービス動画で、こちらは一見理解しにくい商品やサービス、操作方法が難しいものを解説する目的で制作されています。
良い商品やサービスも、うまく伝えることができなければ意味がありません。
動画なら視聴者に具体的にイメージを持ってもらうことが可能で、それが購買意欲につながる期待があります。

そして求人やリクルート動画のカテゴリですが、こちらは近年、応募者が思うように増えない理由から人気が高まっています。
雑誌の求人情報はアピールするのが難しく、利用者の目に留まってもイメージを具体的に掴むことができません。
そのため会社の社風や経営理念だけでなく雰囲気やスタッフの情熱を動画で伝えることで、応募してみようというきっかけを作ることができます。
求人動画は非常に効果的な手段として、注目が集まっているカテゴリです。

CGやアニメーション作成も依頼できる

Webサイトを制作していて、どうしても文字だらけになってしまい、視聴者に伝わりにくいと悩むことは多いでしょう。
CGやアニメーションは見る人に親近感を持たせやすく、より印象に強く残すことが可能です。

また近年ではより具体的にイメージを持ってもらうため、効果的にアニメーションを取り入れた動画が増えています。
例えば、医薬品やサプリメントで薬が胃の中で溶けていく様子などは、実際に撮影することは困難です。
こうしたときにとても便利な手法ですし、クライアントにとって一番の利点は人件費が圧縮できることでしょう。

近年ではデータ納品であれば低コストでアニメーションの制作が可能になりつつあり、費用相場は30万円程度となっているのも魅力です。