Web動画制作で押さえておきたい5つのポイント

動画と一口に言ってもさまざまな種類がありますが、現在非常に注目を集めているのがWeb動画です。
多くの企業が自社商品やサービスの宣伝に活用を始めていますが、成功するWeb動画はきちんとポイントを押さえています。
それではwe動画制作は一般的な動画制作とは何が違うのでしょうか。
ここでは、Web動画制作で押さえるべきポイント5つを解説します。

Web動画制作で押さえるべき5つのポイント

企業がWeb動画を制作する場合、その目的のほとんどは自社商品やサービスの宣伝が目的です。
もちろん企業の知名度や好感度を上げるPR目的の動画などもありますが、圧倒的に多いのはダイレクトに購買意欲につなげ、売上アップに貢献するための宣伝動画でしょう。
ここではそうした商品やサービスの宣伝を目的としたWeb動画制作で、押さえるべき5つのポイントを解説します。

1.適切な長さにする

完成動画の長さを尺と言いますが、Web動画の傾向としては、短くインパクトのある動画の方が好感度が高くなる傾向があります。
TVCMとは違い尺の制限はないのですが、だからと言って長々と時間を取ってもユーザーは最後まで見てはくれません。
近年ではネットフリックスやAbemaTVなど、スマートフォンやタブレット端末などで長時間動画を楽しむユーザーも多くなりました。
マーケティング目的である以上、そうしたユーザーに長尺の動画で敬遠させるよりも、短い時間で結論のみ訴求する手法が適しています。

2.画質を追求しすぎない

目を惹く動画にするためには、一定の画像クオリティは必要です。
ただ、ほとんどのユーザーがスマートフォンやタブレット端末で動画を視聴する時代にあり、通信環境にもバラつきがある中でデータ量をむやみに増やすことにメリットはありません。
4Kにこだわりすぎる必要もありませんし、無理に解像度を高めてユーザビリティを悪くするのも得策ではありません。
一般的には、YouTubeが採用している360p~1,080pの画面解像度を採用するのがおすすめです。
特に480p以降はDVDとほぼ同じ解像度で視聴できるとあって、ユーザーから好印象を受けやすいです。
この程度の解像度であれば、ユーザーのあらゆる通信環境にも対応でき、動画を視聴するのに不快感を抱くことも軽減できます。

3.タイムリーに配信する

Web動画配信で重要なのはスケジュール管理です。
Web動画視聴者はトレンドに非常に敏感に反応するため、商品やサービスを他の媒体より早く露出することで話題性を狙うタイムリーさが必要です。
特にTwitterといったSNSでは、常にトレンドが変わっていくので、画質にこだわりすぎて時間がかかってしまうようでは、かえって流行に遅れてしまい、製作コストだけがかさんでしまいます。
そのため配信に間に合う制作スケジュールを組むことが必要で、短期間の間に撮影編集し、動画をアップする手際の良さが大きなポイントになります。

4.複数パターンを用意する

A/Bテストができるように準備することは、Web動画配信で大きなアドバンテージになります。
コンテンツ運用においても自社ノウハウを蓄積するのに役立ちますので、複数パターンの準備は非常に効果的です。
しかもSNS向け動画は画質や構成よりインパクト重視となるため、複数パターンの制作は必要と考えた方が良いでしょう。
制作時間短縮のためには、撮影時にできるだけ多くの素材を溜めておいて、後で編集のみ行うなどのノウハウも必要です。
キャッチコピーやナレーションを変えたりするだけで見せ方は変えられますし、導入部分とエンディングの演出を変えるだけでも印象は変わります。
A/Bテストの実施は貴重なデータ蓄積になりますので、ほかの商材にも応用が利くのが大きなメリットです。

5.最初の数秒で掴む

動画広告は最初の5秒で決まるという言葉は、耳にしたことのある人も多いでしょう。
例えば、第一印象は3秒で決まり、一度得た印象はなかなか覆らないとも言われます。
動画も同じで、最初の数秒でユーザーを惹きつけることができれば、その動画広告は8割方成功です。
興味を惹けない場合一瞬でスキップされてしまうため、伝えたいメッセージがユーザーに伝わることはありません。
以上5つのポイントを押さえれば、成功するWeb動画を制作することができます。

まとめ

Web動画をターゲットユーザーへの訴求に活用する際には、Web動画ならではの押さえるべきポイントがあります。
今後も動画コンテンツ業界は発展が予想されますし、5G通信が始まれば通信速度も飛躍的に上がり、さらなる動画表現も可能になるでしょう。
効果的なマーケティング戦略を立てるためには、企業にもノウハウ蓄積が必要です。
ぜひ本記事でご紹介したポイントを参考にして、Web動画制作を行ってみてください。