動画で求職者の心を掴む!採用に活用するメリットを紹介

採用向けの動画が人気を集めている4つの理由

新卒採用や中途採用においては企業のホームページや求人誌での募集をはじめ、近年は新卒エントリーサイトや求人サイトを通じた募集スタイルが増えています。
もっとも、数多くの企業が同じように求人を掲載する中では、知名度の高い企業や規模の大きな企業、成長企業に応募が集中しがちです。
知名度の低い中小企業や地方企業などが求人を出しても、他より目を惹く内容や魅力がアピールできないと目に留まることもなく、検索でヒットしたとしても、サッと内容を見てスルーされてしまうでしょう。
スルーされる理由は同じような提携文句しか書いていないとか、事業内容がわかりにくい、職場の雰囲気がわからない、信頼できる会社かわからないといった理由がほとんどです。
そんな不安や心配を払しょくし、企業のことをわかりやすく伝え、仕事内容や職場の雰囲気に至るまでアピールしやすいのが動画です。
採用活動に動画を使うことのメリットを4つご紹介します。

1 企業のブランドイメージを伝えられる

経営理念や企業の目指すところ、創業からの沿革や歴史、これから何を目指していくのか、ストーリーを作ってわかりやすく伝えることができます。
小さな企業であっても歴史がある企業、知名度は低くても将来性が高い企業は少なくありません。
短時間の動画の中に凝縮して魅力をアピールしましょう。

2 短時間でリアルな言葉でアピールできる

企業のホームページや新卒エントリーサイトや求人サイトの募集案内に、仕事内容や募集職種の内容について山ほど文章を連ねているケースは少なくありません。
また、どんな事業をしているのかや仕事内容について、企業のホームページで自分が1つ1つ確認しなくてはならないケースもあります。
動画に編集することで、短時間でリアルな言葉で説明ができるので、わかりやすいうえ、人材を確保したい重点事業や職種をアピールすることが可能です。

3 会社説明会を開く手間やコストを減らせる

大手企業では何度も大きな会場を借りたり、会議室を使って会社説明会を行ったり、中小企業では合同で会場を借りてわざわざ担当者が業務時間を割いて会社説明会を行ったりします。
企業側にとってもコストや時間、手間という面で負担なうえ、就活生や転職希望者にとっても、わざわざ足を運ぶのは大変なうえ、会社説明会がバッティングして選びあぐねるケースもあります。
スケジュールのバッティングにより、その段階で自社が第一希望から落とされてしまうケースもあるのです。
会社説明会を開く代わりに動画を配信し、いつでも好きなタイミングでネットを通して見られるようにすれば、企業側にとっても就活生や転職希望者にとってもメリットがあります。

4 地方企業や中小企業でもアピールしやすい

地方企業ではIターンやUターン就職を募るために、わざわざ都心まで時間と費用をかけて合同説明会などのために訪れるケースも少なくありません。
中小企業も同様です。
もっとも、説明会を開いてもほとんど人が集まらないなど収穫もないケースも少なくありません。
動画配信で時間やコストを省き、地方からでも企業の魅力を発信できれば、低コストでの採用活動が可能となります。

おすすめの動画内容4選

では、どのような動画を作れば、就活生や転職希望者の心を捉えることができるのでしょうか。

1 企業のブランドストーリー

中小企業など、そもそもどんな企業なのとイメージが湧かない企業なら、ブランドストーリーを用意しましょう。
思わず引き込まれてしまうようなストーリー性を持たせながら、会社の本社や内部などの動画を交えていくのがおすすめです。

2 企業に入ってできること・事業内容や仕事内容

就活生や転職希望者が最も気になるのが、何ができるのか、どんな仕事をするのかです。
多彩に事業展開をしているケースも多く、仕事内容も多岐にわかるので、ホームページをじっくり読み込まなくても理解できるように、上手に要約することがポイントです。

3 代表者メッセージ

求心力がある代表者や成長企業の代表者の場合、代表者メッセージはインパクトがあります。
その代表者だからこそ企業に入りたいというスタイルの企業におすすめです。

4 先輩社員のインタビュー

仕事内容とともに興味がもたれるのが先輩社員のインタビューです。
表面的には魅力的に見えても、実際のところどうなのか、それを伝えてくれるのが先輩社員です。
業務内容や職種ごとに複数人をピックアップして、将来像を思い描いてもらえるような動画を配信しましょう。

動画の掲載場所3選

1 企業の採用ページ

企業にはコーポレイトサイトに加えて、採用向けのページを設けているケースが増えています。
そのページに各種動画を掲載しましょう。

2 新卒エントリーサイトや求人サイト

外部の求人サイトの企業ページでは動画の掲載が可能なところも増えています。
文章や画像に加えて、動画を掲載すれば、他社との差別化もでき、わかりやすく伝わります。

3 企業の公式SNS

企業の公式SNSを作成し、企業の情報や採用情報などとともに動画をアップしていきましょう。
SNSは拡散効果もあるので、インパクトのある動画や気になる動画があれば、就活生の間でシェアしてもらうこともでき、企業に興味を持ってくれる人を増やすことが可能です。