企業がWebでPR動画を制作する時に注意すること

Webがメディアの主流になりつつあり、動画を商品やサービスのプロモーションに活用する企業が増えました。
成功すればブランディングも可能なツールの1つであり、積極的にPR動画制作に乗り出している企業もあります。
それでは企業がPRのために動画制作を実施する際、気を付けるべきことは何なのでしょうか。

動画で企業PRが行われるようになった背景

ここ数年、Web動画の利用件数が急増しているのは周知の通りです。
2014年ころから兆しが見えていましたが、あっという間に20倍近くにまで市場規模が拡大し、近年ではテレビに並ぶメディアにまで成長しています。
それまで動画宣伝で可能と言えばテレビだけで、それもほとんどが大手企業専用の媒体であったのは事実です。

しかし近年のWebの台頭はその牙城を崩し、さまざまな形で規模や地域を問わず動画宣伝の波紋を広げています。
これはもちろん、スマートフォンが国民1人1台以上という圧倒的な普及率をたたき出したことが背景にあります。
それに付随して動画撮影に必要な機材の低価格化、編集アプリケーションの普及、SNSなどによる情報発信の自由化などの要素が絡み、この大規模動画市場を形成しました。

ユーザーは日常的に長時間Web動画を観る機会が増え、提供する側としては必ずしも高額な費用をかけて動画制作しなくても、十分に情報発信ができる環境が整っています。
近年、都市部だけではなく地方にも動画制作の波は押し寄せ、各自治体が自分たちのPR動画を制作して公開したり、学校や企業が求人動画を制作配信したりするケースが増えました。
ほとんどのユーザーがスマートフォンやタブレット端末で視聴するため、一定のクオリティがあれば公開には耐えられます。

そうしたことから自主制作で動画を配信する企業も増え、手軽にWebマーケティングに乗り出す土壌も出来上がっています。

見せるためのノウハウがない動画も

ただこうしたWeb動画の乱立によって、観てもらうためのノウハウがないPR動画はほかの動画に埋もれ、存在が認識されるチャンスを逃しているのも事実です。

動画は誰もが見てすぐにわかる直感的なメッセージであり、成功すれば非常に効果的なのは確かですが、そもそも見てもらうことすらできなければ制作する意義はないでしょう。
文章や静止画よりは動画の方がわかりやすいですが、当然、単に絵が動いていれば良いというわけではありません。

当たり前のことですが、動画制作にあたり最も大切なことはその内容であり、企画や構成がないがしろにされていてはいくら技術の進歩があろうとメッセージを伝えることはできないのです。

企業のPR動画に必要なものとは

企業がPR動画を制作するのであれば、一番優先すべきことは内容=脚本を作ることです。
撮影技術や編集技術はその後に必要なことであり、まずは企画構成が最重要なのは言うまでもありません。

動画制作にあたり、短編でも長編でも内容を決めないことには作ることができません。
どんな内容にするのか、企業が何を誰にPRしたいのか、動画を作る目的を明確にすることが最優先です。

絵的なイメージより先に、伝えたいメッセージがあってこそ企業PR動画は成り立ちます。
美しい動画を作るためには最新の撮影機材や最新のグラフィックソフトウェアがあれば可能ですが、内容を作る技術だけは古今東西変わらないことを認識する必要があるでしょう。
文字の入力が手書きからPCに変わっても、心を掴む文章を書く技術は何も変わらないのと同じです。

動画が毎日これだけ配信されている時代にあって、その中からユーザーの目と心を掴むものを作り上げるためには、むしろさらに脚本の重要性が増してくると言えます。

PR動画は「見る人=ユーザー」がいて初めて成り立つ

企業PR動画は、それを見る人がいて初めて成り立ちます。
個人の趣味であれば自己満足でも良いですが、企業である以上、見てくれる人に何を伝えたいのか、それを考えながら企画構成を行うことが重要です。

そのためには、必ず最初に決めておかなければならないことが2点あります。
1点目は、ユーザーに見てもらうためのきっかけである企画アイディアで、もう1点がユーザーに最も伝えるべきメッセージです。

企業PRでまず必須なのは、企業情報をあらかじめ整理し、動画に入れ込む内容を絞り込むことです。
知ってほしいことがありすぎて、全部紹介したいと考える気持ちはもちろんですが、それでは何一つ伝わらないまま動画の海に沈む可能性があります。
その動画で伝えたいメッセージは何か、ユーザーに見てもらうためのアイディアは何か、この2点がクリアにできれば、成功する企業PR動画ができるでしょう。

動画マーケティングはこれからの必須手段

今、スマートフォンを片手に、動画コンテンツを毎日食い入るように見ているのは、10代の若者です。
人は自分が若いときに慣れ親しんだガジェットを、人生でその後もずっと使い続ける習性を持っています。
つまり、今の若者がこの先50年60年、ずっとこのスタイルを継続する可能性は非常に高いと言えます。

今動画マーケティングに参入しないことは、企業の将来にとって、大きなマイナスになりかねません。クオリティの高い動画が持つ訴求力は絶大です。
ぜひアイディアと技術を持つ動画制作会社とパートナーシップを築き、ユーザーへの企業PRを成功させてください。