動画制作をプロに外注するときのチェックポイントを解説

動画を企業紹介や商品プロモーションなどに使用すると、文字だけではわかりにくいことも明確に伝えることができるのが魅力です。
伝えたいことがひと目でわかる動画に仕上げるためには、制作するうえでいくつかのポイントがあります。
また、満足の行く動画は動画制作のプロに依頼するのが一番です。
今回はプロに外注するときのチェックポイントについても解説します。

動画制作で押さえておくべきポイントとは

まず、動画を制作する前に押さえておくべきポイントをまとめます。
あらかじめ情報を整理しておくことは、わかりやすく魅力的な動画を制作することにつながりますし、外注するときにも依頼がスムーズになります。
それでは具体的なチェックポイントについて紹介しましょう。

ターゲットの明確化

一番のポイントが、その動画を誰に見せるのか、ターゲットを明確に想定することです。
なるべく多くの人、老若男女と言いたいところですが、最も訴求したい相手が明確になっていないと、コンテンツの詳細な策定ができません。
ターゲットの想定はより具体的にすることが望ましく、性別や年齢はもちろん、その人の生活習慣や日常のバックグラウンドなども設定するのがベストです。
架空の人物を設定するペルソナも有効です。

最初の5秒で見せる内容を決定

Web動画広告はユーザーが自由にスキップできるので、最初の5秒で何を見せるかが非常に重要です。
一見して目と心を掴むことができる要素は何か、前述のターゲットがどんなものに興味を持つかを考え、刺さる動画を企画する必要があります。

1分以内に集約

Web動画に時間制限はないとは言え、長ければ最初興味を持ったユーザーも離れてしまいます。
基本は1分以内にまとめること、伝えたいことを適切にまとめることが重要です。
特にスマートフォンで移動途中やわずかなすき間時間に動画を見る人が多い以上、PR動画は短く簡潔にする必要があります。
以上を踏まえ、どのような動画を制作するか、骨子をまとめるのがスタートラインです。

なぜプロに依頼する必要があるのか

近年は素人でも手軽に動画を編集できるアプリケーションが増えました。
それを見る限り、素材さえあれば社員でも簡単に動画を作れるのではないかと考える企業もあるでしょう。
もちろん動画制作の目的によっては、社内制作でまかなえるケースもあります。
予算には限りがありますので、なるべく費用をかけずに動画が作れるなら、それも1つのメリットです。

ただ、自主制作には懸念点がいくつかあるのも事実です。
まず知識や経験が乏しい状態での動画制作は、仕上がった動画に目的を達成できる効果があるかは疑問です。
単に画像をつなぐだけでは新鮮さに欠けますし、広告として制作するなら高い宣伝効果が得られなければ制作する意義がありません。
商品やサービスの情報を見せるだけの動画では、数多あるほかの動画に埋もれ、存在がわからなくなる可能性が高いでしょう。

また、動画のクオリティを高く維持するためには専門機材や専用ソフトウェアが必要ですが、自社内でそこまでの準備ができることはほとんどありません。
そもそも予算を絞る目的なら、そうした部分に費用をかけることはないでしょう。
一般家庭向けのソフトウェアやフリーソフトウェアではクオリティが低くなることは否めません。
また、動画を見る目が非常に肥えている現代のユーザーは、そうした動画の価値をあっさり見抜いてしまうため、良いイメージを持たれない可能性があります。

プロに制作を依頼するメリットは、当然ながら料金を支払う分、質の高い動画を納品してくれることです。
プロ用の機材は画質や性能がまったく異なり、カメラだけでなく照明やマイクなどさまざまな機材を駆使する技術も持っています。
そして、意図する通りに企画や構成を組み立てるセンスがあり、仕事に無駄がありません。
やみくもに情報を羅列してもユーザーには伝わりにくい動画になりがちですが、プロのノウハウを駆使することで情報の伝わる作品になります。
もちろん、腕の良い制作会社に依頼する必要がありますが、高レベルな編集ができる技術力の高い会社を選びましょう。

動画制作を外注するときのチェックポイント

それでは動画制作をプロに外注するときのチェックポイントをまとめておきましょう。

得意分野をチェック

制作会社によって得意分野がありますので、動画の目的やイメージと合致する制作会社であることをチェックしましょう。
おすすめは制作実績を調べることで、ジャンルや雰囲気を見てイメージに近い動画を作っている会社に相談するとスムーズです。

見積もりは内訳までチェック

見積もりは、総額だけでなくきちんと内訳をチェックしてください。
項目にない料金が追加発生するようなトラブルのないよう、含まれる内容、含まれない内容をすべて確認することが重要です。
画像のデータ料、修正費用、撮影の車両費用や出張費用など、事前に確認すべき細かい費用はたくさんあります。

まとめ

プロの動画制作会社には、プロにしか作れないクオリティの高い動画を納める能力があります。
企業や商品、サービスなどのイメージや売上に直結する動画を制作するなら、訴求力と美しさを持つ動画を制作できる会社に外注しましょう。