マンガ動画とアニメーションはどちらが安い?

マンガ動画とアニメーションどちらが安い?

動画ってちょっと気になるけど、「マンガで動く動画」と「アニメ」ってどう違うんだろう?という方に向けてマンガ動画とアニメの違いをご紹介させていただきます。

ただ、キャラクターが動いているからこれはアニメメーションだ!と思って見ていると、実はアニメーションではなくマンガ動画だった!なんてこともあると思います。

そんなマンガ動画とアニメーションの違いをご紹介させていただきます。

ご対象者様

  1. キャラクターを使った動画をお考えの方
  2. マンガ動画とアニメどちらがいいのかお悩みの方

マンガ動画とアニメーションの違いとは?

最近、YouTubeなどで動画を見ていると、撮影された動画ではなくキャラクターを使った動画があると思います。

これはマンガ動画なのかアニメーションなのかと迷うことがあるかと思いますが、基本的に「マンガのコマ」が出てきて、その中で主人公のセリフが登場するものがマンガ動画です。

マンガの分かりやすさや、慣れ親しんできた動画を利用してインパクトを残すことができる動画として人気です。

一方、アニメーションはキャラクターやイラスト等を使った動画ではあるものの上記を使っていないものはほとんどアニメーションとして分類されます。

アニメーションの中での分類は?

アニメーションと一口に言っても、分類難しいのでは…?と思った方も多いのではないでしょうか?

アニメーションの中でも、

「素材のパーツだけを動かす」グラフィックアニメーション(モーショングラフィックス)や

「パラパラ漫画のように場面ごとの絵を1枚いちまい描いて」動画としてつなげるセルアニメ、

「原画から動かすパーツを切り出し、それぞれに動きを加える」Live2D、

「2Dの絵からCGツールでポリゴンを作成する」3DCG

などがあります。

詳しい分類は下記にまとめておりますので、ご参考ください。

制作費がいちばん安価に済むのはマンガ動画?アニメーション?

アニメーションの中にも種類があることはご理解いただけましたでしょうか。

どのアニメーションにするかによって、アニメ制作にかかる費用は変わるため一概には言えませんが、マンガ動画は「マンガ制作+動画制作」の費用がかかりますし、セルアニメについては、パラパラ漫画1枚いちまいの制作が必要になるため、マンガ動画よりも費用がかかってきます。

この中でも比較的安価に抑えられる動画としては、グラフィックアニメーション(モーショングラフィックス)が挙げられます。

もちろん、制作会社様や使用素材・動画の尺やBGM・ナレーションの有無などによっても費用は変わりますが、キャラクターやイラストを使ってアニメーションを作成してWeb広告などで利用したいという方にはおすすめです。

制作費用ランキング

  • 内容
  • 費用
  • セルアニメ
  • 高い
  • Live2D
  • 3DCG
  • モーショングラフィックス
  • 安価

※動画の尺や使う素材によっても変わるので、必ずしも上記とは限りません。

※制作会社様によって異なりますので、詳細は各企業様へお問い合わせください。

まとめ

マンガ動画とアニメーションの違いから、制作費用感までご紹介させていただきました。

キャラクターを1から制作するかどうかや素材、納期、動画の尺によって制作費用が変動する可能性もありますので、ご参考程度に見ていただけましたら幸いです。

実際の動画制作について、お見積りを希望の方は、下記よりご連絡ください。

           

お問い合わせはこちら

           

資料請求や無料相談などはこちらから

    お見積りお問い合わせ資料請求事例が見たい