最新のインタラクティブ動画の基本を解説!

最新の動画マーケティング手法はインタラクティブ動画!基本を解説

 

インタラクティブ動画とは?

インタラクティブ動画とは、最新の動画の形式でありユーザー参加型動画のことを指します。

通常の動画では、発信側からユーザー側への情報発信の一方通行が基本です。一方で、インタラクティブ動画では視聴者が動画内で見たいストーリーを選択したり、気になったものをタップして詳細情報を見たりすることができます。さらには、動画内でアンケートの回収や商品やサービスを購入することも可能です。

インタラクティブ動画を通じて、ユーザーは欲しい情報を自由に選択し視聴することができ、発信側はユーザーのニーズや興味関心、行動をデータとして蓄積していくことや、ユーザーの意思決定の促進につなげることができます。
単なる動画を視聴という行動を、双方向のコミュニケーションを可能にした動画の新しい形と言えるでしょう。

ユーザーのアクションにつながる機能ってどんなもの?

インタラクティブ動画はユーザーに能動的なアクションを促すことが目的ですが、メインとなるアクションには3つあります。

1.欲しい情報の詳細をリアルタイムで見れる

インタラクティブ動画でのメイン機能は、動画内で出てきたものや気になるポイントをタップした際に詳細情報を表示してくれるホップアップ機能です。

例えば、アパレル商品の紹介動画の場合、モデルの方が着ている服や靴の中で気になったものを気になったタイミングでタップすることによってその商品の素材や価格などの詳細な情報を表示することができます。

2.複数あるのストーリーを選択できる

動画の進行中、次に何を見るかの選択肢を表示し、ユーザーが選んだ内容で動画の展開が変化するといったストーリー分岐機能です。

ユーザーは、動画を視聴する中で興味無い内容が流れてきたときや無駄に長い場合に離脱する傾向にあります。ストーリー分岐機能を使う事によって、自分の興味のある内容だけに動画を進めることができるため、短い動画を複数見ていくことになりトータルでの視聴時間が長くなります。その結果、通常の動画よりもより多くの情報をユーザーに届ける事ができます。

3.ビフォーアフターや2つのもの同時に比較できる

動画内でタップして動画が切り替えたり、ワイプを付随して同じ時系列の動画を同時に表示させたりすることのできるA/B機能です。

例えばリフォームの動画の場合だと、通常の動画であればビフォー映像の後にアフター映像を流すやり方、もしくは画面を分割した状態でその2つの映像を流すというやり方でしか比較できませんでした。そこでA/B機能を使うと、この比較を全画面で同時に二つの動画を流し、ユーザーは好きなタイミングで切り替えることが可能になるため、「キッチンのシンク内はどう変わったのか?」「家具の配置を変えたときに、受ける部屋の広さの印象はどう違うのか?」など、自分の気になるピンポイントな変化を映像を切り替えながら比較することができます。

インタラクティブ動画の活用シーン

それではインタラクティブ動画が活かせる活用シーンを一部紹介します。

・集客(EC)

先ほども触れましたが、モデルに商材を実際に利用してもらう動画です。タップすることで詳細情報をポップアップ表示、欲しい情報を与えることで購買意欲を高めたところで、購買サイトへ誘導しカートに入れてもらうというインタラクティブ動画活用の王道パターンです。

・集客(住宅系)

物件の内覧動画を制作する企業は多いですが、インタラクティブ動画にすると物件の魅力を隅々まで紹介することが可能です。360°(VR)動画という手法を利用することによって、実際にその物件の内覧会に行ったような感覚で視聴することができます。エンドユーザーがマイホームや引っ越しなど物件を決める際は、その物件に住みたい思うかどうかで判断します。インタラクティブ動画で実際に住んだときのイメージをより鮮明し、物件をアピールするのは良い手段といえるでしょう。

・社員教育

社員教育や研修などで多くのコストをかける企業は多いですが、インタラクティブ動画を採用することで効率的に実施することが可能です。
例えば、研修内容を動画化することによって毎回入社時に人事やマネージャー陣が研修する必要が無くなり業務効率を促進することが可能です。その上で、後半にアンケート形式で設問を受講者に行ってもらうことで、受講者理解度を統計し研修内容の見直しに活用していく事ができます。

・採用

人材確保のため採用動画を制作する企業が急増していますが、そこでインタラクティブ動画が効果を発揮します。昨今では、求職者の仕事の価値観が多様化しており、求職者が欲しい情報だけを選択して、文字だけでは伝えきれない知覚情報を知ることができます。インタラクティブ動画を活用することで、入社後の自分やキャリアプランを鮮明にイメージでき、求職者のエンゲージメントを高められます。

まとめ

コロナの影響や5Gの普及により、人々はより多くの動画を日々視聴する時代になりました。

そんな中、動画マーケティングにおける重要な要素は、顧客体験(CX)をいかに高められるかということです。双方向のコミュニケーションを可能にし、ユーザーの欲しい情報を柔軟に供給することのできるインタラクティブ動画は、これからの時代にピッタリな手法だといえます。
ぜひ、動画マーケティングの手段の一つにインタラクティブ動画を加えてみてはいかがでしょうか

           

お問い合わせはこちら

           

資料請求や無料相談などはこちらから

    お見積りお問い合わせ資料請求事例が見たい