印象に残る?コスパが良い?もっと知りたい動画広告の基本

無料相談・お見積り

ネットで動画を見ることが当たり前になった時代に、コンテンツや商品を世間に広く発信したい企業から注目されているのが動画広告です。
視覚に頼るテキストや写真だけの広告ではかなわない、聴覚にも訴えることができる動画は、企業が発信したい情報やイメージを正しく伝えるために最適な方法だと言えるでしょう。
ここでは、動画広告のノウハウやメリット・デメリットなどについてご紹介します。

知れば活用したくなる、動画広告のイロハ

動画広告と聞いて思い浮かべるのは、YouTubeをはじめとする動画サイトではないでしょうか。
近年、一気に市場が拡大したYouTubeが現在も主流であることは確かですが、最近ではFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを利用して、動画広告を配信する企業も増えてきています。

自社商品の紹介、キャンペーンやイベントの告知、集客、他社との差別化など、動画は多種多様な目的にも柔軟に寄り添えるコンテンツです。
最終的には、その動画にリンクしたサイトに飛んでもらい、商品の購入や申し込み、問い合わせにつなげるのが目的となります。

動画広告と言っても1種類ではなく、ニーズに合わせて色々なタイプから選択することになります。
YouTubeなどでお馴染みの、見たい動画を見る前に動画広告が流れるタイプのほか、ある特定のサイトを表示させると自動的に再生されるタイプ、再生ボタンをクリックして視聴するものなどが代表的です。
テレビで流れるCMは、動画広告の元祖であるとも言えますが、テレビを視聴していれば誰彼構わず配信され、ターゲットを絞ることができないのがデメリットでした。

動画広告は、それを視聴する人の年齢や性別、居住地、趣味などから興味を持ちそうなことを割り出し、ピンポイントで発信することが可能という大きなメリットがあります。
また、Webサイトを閲覧したユーザーに対して、こんな商品もありますよと再度アプローチできるリマーケティングも簡単になるなど、コストの面でも優秀であると言えるでしょう。

注目している企業も多く、動画広告の市場は年々拡大しており、右肩上がりに成長しています。

動画広告で得られる3つのメリット

1.抜群のアイキャッチ性、印象に残りやすい

動画を広告に使うことで得られるメリットで、一番大きいのがアイキャッチ性に優れているという点です。
テキストのみ、写真のみの広告に比べると、動きや音がある動画は興味を惹きやすく、文字を読むのは億劫でも、動画ならちょっと見てみたいなという気にさせます。
印象にも残りやすく、まずは見てもらいたい、知ってもらいたいという、広告を発信する企業側が持つ第一段階を突破しやすい方法です。

2.今がチャンス?広告費が安価

スポンサーとなるテレビCMとは異なり、Web上での広告は需要と供給のバランスによってその代価が決まるという仕組みを取っています。
例えば、3つの出稿枠に対して4人の出稿者がいれば当然値段が上がりますし、出稿者が2人しかいなければ安くなるというシステムです。
動画広告の市場は拡大していると言っても、まだまだ伸びしろがあるカテゴリですから、出稿者は少なく、広告費も安価であると言えます。
言い換えれば、今がチャンスなのかもしれません。

3. 再生回数やクリック回数によるコスパが把握しやすい

動画広告は、その広告が再生されたり、クリックされたりすると料金が発生するというシステムを採用されている場合が多いようです。
広告を出す契約をした時点で広告費を支払う従来の方法に比べると、非常にわかりやすく、コスパについても把握しやすいでしょう。

動画広告で考えられる3つのデメリット

1.作成が難しい、時間がかかる

興味を持つユーザー向けに絞って発信できるということは、裏を返せばそれだけディープな情報でなければならないということになります。
コアなユーザーの目を惹こうとするなら、それなりにコストや時間がかかってしまうことは否めないでしょう。

2.ユーザーに時間を消費させる

画像のみの広告に比べると、動画はある程度、視聴に時間がかかります。
ユーザーにその時間を消費させてしまうことを覚えておかねばなりません。

3.通信環境がカギ

スマホなどを使い、屋外でも気軽に動画を視聴することができますが、Wi-Fi設備が整った場所で視聴するとは限りません。
その場合、ストリーミングで動画を視聴しようとすると、通信環境に大きく左右されるでしょう。
通信環境が良くなければスムーズな再生は望めず、視聴されにくい結果につながる可能性があります。

どうやって作る?動画広告のノウハウ

最後に、動画広告のノウハウについて述べていきます。

作成するには

動画広告作成のプロに依頼する以外にも、自社で作るという選択も可能ですが、動画は画質や音質、演出などによって成果に大きな差が生まれやすいコンテンツです。
クオリティの高い作品を求めるなら、やはりプロの手を借りるのが賢明でしょう。
自社で作成するなら、カメラやマイクなどの撮影機材を揃え、編集などを行う人員を集める必要があります。

出稿するには

こちらも、プロに任せるか自社で行うかの選択となります。
広いレンジ、厚いゾーンへの発信を求めるなら、やはりプロに一任した方が結果につながりやすいです。
ただし、自社で広告を打ち出すだけのスキルがあり、大規模な発信でなければ、自社で出稿するという方法を採用してみましょう。
そのノウハウを自社の実力とするメリットも期待できます。
YouTubeやFacebook、Twitterなどへの出稿なら、ハードルは低く、フレキシブルな対応も可能です。

急成長、動画広告のまとめ

動画広告のイロハやメリット・デメリット、出稿についてまでご紹介しました。
簡単なものであれば、自社で作成することも可能です。
急成長中のコンテンツで出稿者が限られているため、コスパ的にも優秀です。
顧客拡大のために、動画広告は大きな役割を果たしてくれるでしょう。