在宅勤務やテレワークの生産性向上の鍵は動画だった!?

在宅勤務を動画が変える

ご対象者様

  1. 在宅勤務やテレワークをこれから始める方
  2. 在宅勤務やテレワーク時の生産性に課題を感じている方

コロナによる新しい働き方

コロナの影響で社会環境は大きく変わっています。
今回は、そんな中で動画をどう使うべきか?ということをご紹介します。

今、有識者の方々がコロナ後の社会に色々な分析を行い、人々もwithコロナの掛け声の元
できるだけ理性的な行動をしようと心がけるようになりました。

それらの分析をまとめると、

    • コロナショックで大都市への一極集中が終わり、地方が見直される。
    • リモートワーク・テレワークが増え、地方で仕事をする人が増える。
    • 日本人は都市一極集中の時より、豊かな生活をするだろう。
(以上、株式会社経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏。 ※雑誌『月刊 事業構想』2020年7月号の寄稿を要約」)

というようになるようです。

つまり、
デジタル化が進む
リモートワーク・テレワークが当たり前になり、東京と地方の格差が減る
という状況になると予測されます。

そんな中、当社のインタラクティブ動画もなにかお役に立てないか、社会を良くするための第一歩にしたいと考えました。

まず身近なテレワーク環境から改善しよう!問題とは?

コロナの影響はどうなるかまだわからないところがあるが、手近な改善から手を付けていきましょう。手近で困っていることはなにか?漠然と社会を良くするというより、まずは動くことが大事です。

実は、テレワークには61%の人が「満足している」と回答しているものの(参考1)、84.3%の人が「テレワークに悩みがある」とも回答しているのです。(参考2)

お悩みランキング1位は「家族がいて集中できない」、2位は「コミュニケーションがとりにくい」、3位が「集中力が続かない・やる気が出ない」でした。(参考2)

1位の「家族がいるので集中できない」は過渡期のことで仕方ないとはいえ、
2位の「職場の人とコミュニケーションがとりにくい」や、
3位の「集中力が続かない」は実はインタラクティブ動画で解決できる可能性があります。
※「家族との問題」は、社内チャットなどでの情報共有で解決している会社が多いようです。

テレワーク時のコミュニケーション不全や集中力不足解消に動画

この問題の解決策になり得るのがインタラクティブ動画です。

まずは、インタラクティブ動画を使ってバーチャルな営業環境を作ったり、上司が部下たちに指示したいことを伝えるというやり方です。

また、集中しにくいために研修などがなかなかやりづらいという声もあります。
それをインタラクティブ動画で解消しようというわけです。

実例を以下でご紹介したいと思います。

テレワークの欠点を補うために動画を活用

当社の事例では、機器販売の企業でこれまで社内で研修していた販売方法をインタラクティブ動画にして研修で密になるのを防ぐようにしたことがありました。

その機器販売の企業では、お客様が機器を購入する時に「重要事項説明」をすることが制度として定められています。この説明はしっかり社員さんに研修する必要があるのですが、テレワークだとみんながまとまって一斉に研修を受けるのが難しく、当社にご相談された次第です。

当社は、「重要事項説明」の研修をインタラクティブ動画にし、「支払い方法」「契約の締結・解除」「お客様に対して」…など、多岐にわたる項目をタップすれば研修動画が流れるようにすることで、研修の代替をすることが出来、テレワークの欠点を補うことが出来ると考えております。

インタラクティブ動画のお問い合わせは当社へ

以上、リモート営業の欠点を補えるインタラクティブ動画の情報について、解説しました。
実際の実例や、導入前の段階から相談したいという方は下記よりお気軽にお問い合わせください。企業ごとの状況などを踏まえたご提案をさせていただきます。

この機会に是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お見積りお問い合わせ資料請求事例が見たい